伝統の技、五感で守る

手作り石鹸職人 桶谷正廣さん

 手作り石けん 延寿石けんは桶谷正廣さんの手で作られております。

 その桶谷さんが産経新聞の「手わざに生きる」のシリーズで大きく紹介されました。産経新聞の記事の一部をここで紹介します。「延寿石けん」はこういう所で、こういう人物によって作られているのです。 以下「  」内が新聞の記事です。

 「酒蔵の中を思わせるような仕事場には、お乳のような匂いが漂う。

 そりゃそうでしょう。国産の牛脂に熱を加えているんですからねえ。と、直径2mもある大釜(鹸化反応釜)に入れられた油脂を攪拌しながら、そう話す」

 製造所の桶谷石鹸株式会社は大阪市城東区の街中にあり、創業55年です。桶谷正廣さんは父親 桶谷義廣さんから事業を受け継ぎ2代目です。

 父親から「わしの技を盗め」といわれ、桶谷正廣さんは中学1年から石けん作りの現場に出入りし、製造工程を見てきております。

 「この釜の中には、牛脂とヤシ油、それに水酸化ナトリウムと水を入れればいいだけなんです。と、いとも簡単に言ってのける。そこには創業55年の伝統を守ってきた自信がみなぎっている。」

 桶谷さんの五感でチェックは有名です。

 「釜焚きでは計器類は一切使わない。血の通った五感のほうが、はるかに信頼できるという。だから、釜の温度は指を入れて測る。また、石けんの素地をなめてみる。水酸化ナトリウムの辛さが、じわーっと舌先に伝わってくる状態が最良だという」

 桶谷さんの奥さんのお話です。

 「昔は冬になると、ネズミがこの石けんをかじったものです。牛脂に甘さがあって、脂肪酸がおいしいんだわ」

 桶谷さんの作る石けんには、添加剤とか防腐剤、着色剤、香料など、余分のものが一切入っておりません。それだけに、見た目がやや悪く、香りも天産物の香りだけで芳香とはいいかねるでしょう。防腐剤も入っていないので、保管方法によっては石けんに部分的な変色の起こる場合があります。ちょうど、生薬で虫の食わない生薬なんて怖いと、残留農薬を気にされる方がいますが、それと同じかもしれません。

 桶谷さんの趣味は一番が「石けん作り」、二番目がヘラブナ釣りだそうです。桶谷さんは語ります。

 「釣り人には素早い竿さばきが要求される。釜焚きしているときも同じで、熱加減に対して、素早く的確な対応をしないと石けんがだめになってしまう。その瞬発力をつけるために、釣りにゆく」

 産経新聞の記事は次の文章で締めくくっています。

 「手作り石けんの職人がほとんどいなくなった今も、桶谷さんは頑固にその伝統を守る。

 その頑固さも、きっと父親の義廣さんから「盗んだ」ものに違いない」

 9月4日付け(大阪版)産経新聞の記事では「五感を頼りに、石けん作りに励む桶谷正廣さん」の現場写真と、「桶谷さんの手作り石けん。職人の業の結晶」として石けんの製品写真とが大きく掲載されております。

 延寿石けんは、まさに 桶谷正廣さんの手わざの結晶です。日本では数少ない手作り石けんは芸術品です。どうぞ実際に手にとって、使って良さを確かめてください。

 メーカーは誇りをもって桶谷さんの「延寿石けん」を、お奨めいたしますは。