ヒアルロン酸とは

ABOUT HYALURONIC ACID

からだに大切なヒアルロン酸

ヒアルロン酸は水分を保持する物質です。コラーゲンやコンドロイチンをはるかにしのぐ保水力を持っていて、60兆といわれる細胞間の体液を構成する主役であり、その保水能力は驚異的です。

肌は、表皮・真皮・皮下組織からできています。肌の状態を左右している大きな要素のひとつが真皮の水分です。この真皮の保水をしているのがヒアルロン酸です。ヒアルロン酸は水分を蓄えるスポンジのようなもので、ヒアルロン酸が少なくなれば肌の水分量も減り、カサカサしたりシワが増えることになります。

赤ちゃん肌がツルツルでプルプルなのは、このヒアルロン酸が十分にあるからなのです。

必要性ヒアルロン酸は、体内で合成していますが、年齢とともに減少することが知られています。赤ちゃんの皮膚にある割合を100とすると、60歳では20~30ほどに減ってしまいます。年齢とともにヒアルロン酸を作り出す酵素の働きが衰え、合成能力が低下するためと考えられています。

ヒアルロン酸をオススメする理由とは?

「老化とは、乾燥の過程である」

生まれたときの肌の水分含量を100%とすると、40歳代で半分以下に、水分保持能力が落ちてきてしまいます。何もしないと、どんどん老化が進んでいく、つまりどんどん枯れていってしまうということなのです。だから、乾燥肌の人は一刻も早く何らかの手を打たないと、どんどん老化(乾燥)が加速してしまいます。

 さらに調べてわかったことは、そのお肌の老化(乾燥)に関与しているのが体の中に存在しているヒアルロン酸だったのです。ヒアルロン酸を簡単に説明すると、お肌の中にもともと存在している保湿をつかさどっている成分で、1gでなんと6ℓの水を保持することができるのです。人間の皮膚の保湿能力は、皮膚の内部にある真皮部分のヒアルロン酸含有量で決まります。年齢と共に、水分保持率が極端に落ちるということは、体の中のヒアルロン酸の量が極端に減ってしまっているということなのです。

 だからその足りなくなった分のヒアルロン酸を外から体の内側から補給する必要があるのです。

 ヒアルロン酸を飲んで頂きたい理由がここにあるのです。

「ヒアルロン酸」ってこんな働きをしてます!!

・眼がよく見える。ドライアイが改善したなどもヒアルロン酸の保湿効果によるものと思われます。

・皮膚は、真皮に多く含まれ、肌の張り潤いをもたらします。乾燥でお困りの方にオススメです

・心臓は、血管にもヒアルロン酸は多く含まれ、特に動脈血管の弾性担っているといわれています。年齢と共に、ヒアルロン酸が減少することで、動脈硬化の原因となっています

・脳は、ヒアルロン酸で守られています。記憶にも関わりがあることがわかっています

・関節は、滑液の中に多く含まれ、水分を保ってクッションに貢献しています。軟骨の修復にも大きく貢献しています。

ビオヒアルロン酸について

ヒアルロン酸は加齢とともに減少する

独自の技術が生んだ抜群の吸収性

平均2週間で体感する即効性

アトピー性皮膚炎の改善効果

関節炎の緩和

創傷治癒効果

保湿効果

生理痛抑制効果

安全性を裏付ける3つの理由

・原料である鶏冠は、古くから欧州やアジアなどにおける食経験が豊富であること

・20年以上流通しているが、健康被害はなく複数の臨床試験において安全性が確認されていること

・各種安全性試験で安全性が確認されていること